6★頬骨骨切り、下顎骨形成、人気、痺れ。。

:::

頬骨骨切り、下顎骨形成、人気、痺れ。。

輪郭形成で人気の「頬骨骨切り」と「下顎骨形成」
これら輪郭の手術を受けるときに患者さんが気になるのは、痺れや麻痺などに関する後遺症はもちろんの事ながら、やはり何と言っても完成した時の「見た目がどうなるか」でしょう。、
骨を切ったり削ったりするためには、骨と皮膚を剥がす必要があります。ここで問題となるのが、剥がす範囲です。ほお骨をいじる場合、頬骨は細いので剥がす範囲は狭くなります。しかし、下顎骨の場合はどうしても範囲が広くなるので、術後、多少の皮膚のタルミは生じます。また、骨の張り出しや厚みを減らすので、顔と首の境目のラインがハッキリしていた人は、そのハッキリとしていたラインが微妙(ぼやけた)な感じになります。「小顔にはしたいけど輪郭のラインはキープしたい」そんな方には輪郭手術のあとにフェイスリフトをするしかないと思います。お金かかる。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、