7★輪郭形成術の後遺症。。

:::

輪郭形成術の後遺症。。

輪郭形成で人気の「頬骨骨切り」と「下顎骨形成」
これら輪郭の手術を受けるときに患者さんが気になるのは、痺れや麻痺などに関する後遺症はもちろんの事ながら、やはり何と言っても完成した時の「見た目がどうなるか」でしょう。、
骨を切ったり削ったりするためには、骨と皮膚を剥がす必要があります。ここで問題となるのが、剥がす範囲です。ほお骨をいじる場合、頬骨は細いので剥がす範囲は狭くなります。しかし、下顎骨の場合はどうしても範囲が広くなるので、術後、多少の皮膚のタルミは生じます。また、骨の張り出しや厚みを減らすので、顔と首の境目のラインがハッキリしていた人は、そのハッキリとしていたラインが微妙(ぼやけた)な感じになります。「小顔にはしたいけど輪郭のラインはキープしたい」そんな方には輪郭手術のあとにフェイスリフトをするしかないと思います。お金かかる。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★生き残りに必死の美容整形の業界。。

:::

生き残りに必死の美容整形の業界。。

美容整形の業界はいま、超氷河期に突入しており、どこも生き残りに必死です。、純粋な「医療」ではなく、もろ「営業」に走っているクリニックが多いこと多いこと。一人でも多くの患者さんを集めるべく、先生ではなくスタッフにまで歩合制度を採用しているところもあるようです。患者を一人丸め込めばいくら給料アップというような感じです。 受付でニコニコ笑っていた綺麗なお姉さんが、患者の前では営業マンに変身です。するとどうなるか。新規の獲物、ではなく患者獲得に必死になり、患者さんにとって必要のない手術、患者さんがやりたくない手術まで勧めます。 そもそも、医師免許のないスタッフがカウンセリングまがいのことをする時点で、そのクリニックは怪しいと思ってください。皆さんが氷河期のしわ寄せを受けて必要ない手術をすることがありませぬようお祈りしています。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★美容整形手術で多発する医療事故。。

:::

美容整形手術で多発する医療事故。。

美容整形手術を受け、死亡したり意識を失う事故が国内外問わず発生している。全身麻酔をかけた状態で手術を受け、麻酔から目覚めた直後に手術部位の痛みを訴え、その後、意識を失いそのまま亡くなったケースもある。、
美容整形手術で麻酔事故が相次いでいるのは、個人開業医の麻酔設備に問題があるとされる。こうした医院で手術を行う場合、フリーランスの麻酔科医師が「出張麻酔」を行うケースが日常茶飯事となっている。
出張麻酔は手術前の患者の状況に対する分析が十分ではなく、手術後に患者が完全に回復するのを待たずに麻酔科医師が他の医院に移動するケースも多く、患者管理の危険性が指摘されている。また、出張麻酔すらなく、執刀医が一人で麻酔から手術までを行うところもあります。
医学の教科書には麻酔1万3000回に1回の割合で事故が発生すると書かれているが、美容整形手術ではこれより発生確率が高いと言われている。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★アーチリダクション法できれいに。。

:::

アーチリダクション法できれいに。。

顔のコンプレックスって、女性にとっては重要問題。特に骨が出っ張ってたら悲鳴ものです。顎の施術で頤骨切りという、顎を削って綺麗なラインを作り出すという美容整形の他に、アーチリダクション法、エラ骨削り、という方法が存在しています。、
アーチリダクション法とは頬骨を削ってあげるという美容整形で頬骨が突き出しているのは、東洋人によく見られる特徴です。この頬骨をアーチ状に削ってあげることによって、美しいラインを作り出せるんですね。傷はほとんど目立ちませんが、術後はフェイスバンドをしなければいけません。
そしてエラ骨削りというのは、口内を切開して削るそうなので、傷跡が顔に残らないんです。ちなみにエラが筋肉で角張っている場合は、ボトックス注射という方法を使います。医師の判断によって状況も変わってくるのでしっかりとカウセリングを。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪吸引は大がかり、細心の注意が必要。。

:::

脂肪吸引は大がかり、細心の注意が必要。。

脂肪吸引は麻酔を必要とし、内容においてもダウンタイムが長期に及ぶ施術です。また、脂肪吸引は出血をともなう施術でもあります。近年の脂肪吸引においてはそれほど多い出血はないため、軽度の貧血の場合では通常は施術可能ですが、強度の貧血の人は施術を受けられないことがあります。食生活や生活習慣を正し、貧血を改善した段階で施術をうけることができます。、
免疫異常は術後の感染症をまねく危険性があります。そのため、血液検査において免疫が悪い状態では施術を受けられません。免疫系に問題がある場合は、特に広範囲の脂肪吸引をした際にリスクが高くなります。
抱えている病気の種類によっては、脂肪吸引を受けられないことがありますので、カウンセリング時に医師に伝えて下さい。また、持病に対して日常的に薬を服用している人も、場合によっては脂肪吸引を受けられないことがあります。服用している薬がある人は、持病と同様にカウンセリング時に医師に伝えましょう。
妊娠中や授乳中は脂肪吸引を受けることができません。
脂肪吸引は身体への負担が大きい施術です。高齢になると脂肪吸引による負担が大きく、合併症を起こすリスクが高くなります。脂肪吸引におけるトラブルは麻酔方法や施術範囲によって大きく異なりますが、高齢の方は脂肪吸引は積極的に行うべきではありません。
身体が成長段階である時期では脂肪吸引は適していません。女性の場合は特にです。ですので、成長期を過ぎた段階で施術を受けます。
体脂肪が少ない状態では脂肪吸引は適していません。脂肪が少ない状態で脂肪吸引を行うと、皮膚のデコボコをまねく原因になります。
まれに麻酔そのものが体に合わない人がいます。歯医者さんなどで麻酔をかける際などに気分が悪くなった経験がある人は医師に伝えて下さい。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★美容整形はなぜ事故が多いのか。。

:::

美容整形はなぜ事故が多いのか。。

日本で美容整形という言葉が一般的になり、芸能人が整形を告白したり、若い世代でも手軽にできるプチ整形も浸透しました。が、それと同時に、美容整形の事故がニュースでも報道されるようになりました。、 トラブルの起きる原因の一つは、「医師の技術不足による事故」です。中には研修医ではないかと思われるほどに実績が浅く、知識が少ない医師が施術を行うことで死亡事故を招いてしまった例もあります。 では有名な医師なら安心か、と言うとそうでもなく、ほとんどのすべての美容整形外科には得意な治療領域があります。ですからここでは「全国的な知名度のクリニック」や「有名な医師」という基準で選ぶのではなく、「○○手術で経験豊富な医師」に施術を施してもらうことが大前提だと言えるでしょう。 もう一つの原因は、「想像していた結果と違う」というトラブル。それを防ぐには、事前のカウンセリングでしっかりと医師に自分の意見を伝えること、不安や疑問もその際に必ずすべて聞いて、納得がいった状態で施術を受けましょう。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪吸引の効果がでるまでには時間がかかる。。

:::

脂肪吸引の効果がでるまでには時間がかかる。。

脂肪吸引も他の二重の手術などと同様、結果が出るのに時間がかかる。脂肪吸引してすぐに細く引き締まるわけではない。、術後は患部が腫れて痛々しい。腫れが段々と引いてきてから効果を実感できるものなので、その間に例えば暴飲暴食などで太ってしまえば、効果は分からず意味がないということ。脂肪吸引を受けるのであれば、手術以外の部分でも頑張る必要がある。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪吸引で肺血栓塞栓症により死亡。。

:::

脂肪吸引で肺血栓塞栓症により死亡。。

肺血栓塞栓症とは、手術や長時間の同じ姿勢などによって血流異常を起こし、血液が固まって肺に血栓ができる症状です。手術後に圧迫固定や安静にする状態が多くなることで血栓ができやすくなるといわれており、脂肪吸引における最も多い死亡事故だといわれています。これは適切な処置によって予防できます。、

お腹周りの脂肪吸引の際に、誤って吸引管のカニューレで内臓を損傷してしまい、内臓損傷などによる死亡した事例が多数確認されています。腹部の脂肪吸引においては、熟練した医師に行ってもらいましょう。

広範囲に脂肪吸引を行う場合は全身麻酔によって行われる施術が多く、麻酔の多量使用による死亡事故が多発しておりました。近年ではチューメセント法の確立により麻酔事故のリスクは劇的に軽減されており、適切な方法であれば麻酔によって脂肪するようなことはまずないと思います。 また、免疫バランスが悪い場合や病院の衛生面などによっては、感染症を引き起こす可能性や、止血をきちんと行わなかったことで死亡したという事例が確認されています。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★血管を出来るだけ傷つけずに脂肪のみを吸引する方法。。

:::

血管を出来るだけ傷つけずに脂肪のみを吸引する方法。。

脂肪吸引とはカニューレと呼ばれる細い管で脂肪を吸引しますが、脂肪の周囲には血管があり、何の処置も加えないで吸引すると脂肪と血液が同量になってしまいます。、
その為血管を出来るだけ傷つけずに脂肪のみを吸引する方法が提案されてきました。一つはタメセント液と呼ばれる血管収縮剤を加えた生理食塩水を脂肪の周囲に大量に注入する方法です。
もう一つは脂肪を液状にすることで吸引しやすくする方法で、カニューレの先に超音波を付け脂肪に当て液状にさせるというものです。但しこの方法は超音波を発する部分がすぐに高温になり皮膚の近くではやけどを起こすこと、カニューレが大きくなり細かな操作に負担がかかること等で最近はあまり使用されなくなっています。代わって皮膚の外側からタメセント液を注入した部分に超音波を照射する方法(EUA)が報告されました。EUAは脂肪の結合をゆるめ、血管の収縮をさらに高めますので顔などの血行の多い部分では有効です。
さらに最近ではカニューレを自動的に前後させて吸引する方法も提案され、脂肪吸引がより安全で、早く行われるようになりました。

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★ヴェリィ美容形成クリニック 成功 失敗。。

:::

ヴェリィ美容形成クリニック 成功 失敗。。

美容整形について語る掲示板にヴェリィ美容形成クリニックで失敗に遭った、成功したという内容の書き込みがあるものか調べてみました。しかし、どちらとも詳細にわたり述べている書き込みは見あたりませんでした(本日現在)。、

 但し、ヴェリィ美容形成クリニックで失敗、成功しという内容に該当するか否かはわかりませんが、ヴェリィ美容形成クリニックに関する実に低レベルな内容の書き込みはそれなりにありました。

なお、好評、悪評のどちらにしろネット上の口コミ情報をクリニック(ドクター)を選択する際の参考にするのは美容整形の失敗に遭う第一歩です。

仮にヴェリィ美容形成クリニック 失敗、成功に関する書き込みがあったとしても、無法地帯であるインターネット上の口コミ情報を信じるほど愚かなことはありません。

 実は美容整形の失敗に遭うタイプの第1位が、美容整形クリニック(ドクター)を選択する際、このネット上の口コミ情報を参考にする患者だという信頼度の高いデータが存在することをご存じでしょうか。

いずれにせよ、ヴェリィ美容形成クリニックで失敗、成功に関する書き込みに限らずネット上の口コミ情報は無視すべきです。

ちなみに、管理人は美容整形をヴェリィ美容形成クリニックで受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。 またヴェリィ美容形成クリニックに手術を託そうか・やめようかと迷っていた方々の相談も多数受けてまいりました。

以上、 ヴェリィ美容形成クリニック 失敗、成功、他に関する掲示板への書き込みについて触れてみました。

、、