7★整形、事故、トラブル、防ぐ。。

:::

整形、事故、トラブル、防ぐ。。

日本で美容整形という言葉が一般的になり、芸能人が整形を告白したり、若い世代でも手軽にできるプチ整形も浸透しました。が、それと同時に、美容整形の事故がニュースでも報道されるようになりました。、
トラブルの起きる原因の一つは、「医師の技術不足による事故」です。中には研修医ではないかと思われるほどに実績が浅く、知識が少ない医師が施術を行うことで死亡事故を招いてしまった例もあります。
では有名な医師なら安心か、と言うとそうでもなく、ほとんどのすべての美容整形外科には得意な治療領域があります。ですからここでは「全国的な知名度のクリニック」や「有名な医師」という基準で選ぶのではなく、「○○手術で経験豊富な医師」に施術を施してもらうことが大前提だと言えるでしょう。
もう一つの原因は、「想像していた結果と違う」というトラブル。それを防ぐには、事前のカウンセリングでしっかりと医師に自分の意見を伝えること、不安や疑問もその際に必ずすべて聞いて、納得がいった状態で施術を受けましょう。
————————-◇
上記の「整形、事故、トラブル、防ぐ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★オトガイ短縮手術、最大で8~10㎜。。

:::

オトガイ短縮手術、最大で8~10㎜。。

長い顎を短くしたい方、面長の顔を治したい方、顎を引っ込めたい方、顎を出したい方、他院手術後の段差を修正したい方には、オトガイ短縮手術が適応されます。、
一般的に世間で思われている顎は、口元の下方で顔の中心である下顎角の中央部分を指しますが、その部位は医学用語では、オトガイ(頤、おとがい)と表現されます。
オトガイの骨を切除予定幅で上下2本、水平方向に骨切りし、中間骨を切除して(中抜き)、遠位の骨片を上方に移動し、固定します。骨片移動に際して、短縮と同時に前進、後退を行うこともあります。またオトガイ幅を狭くすることも可能です。短縮量の目安は、下口唇下端~オトガイ先端の距離を計測して、女性では平均値の35㎜に近づけるようにします。オトガイ神経の走行位置にもよりますが、最大で8~10㎜の短縮が可能です。手術は全身麻酔下に行われます。
————————-◇
上記の「オトガイ短縮手術、最大で8~10㎜」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★糸、頬、引き上げ、効果、実感。。

:::

糸、頬、引き上げ、効果、実感。。

いつまでも若くありたいのに、頬はどんどんたれていく、年だからしょうがないと頭では分かっていても、どこかでまだあきらめたくないと想っている自分がいるのは切ないです。もう一度あの頃に戻れたらと思っていたら、こんな施術はどうでしょう。、
糸によるリフトアップ。頬のリフトアップの定番ともいうべき、最もポピュラーな施術です。法令線、こめかみまでの間にケバケバのプロピレン糸を何本も通し、こめかみの目立たない部分でぐいっと皮膚を引き上げる方法です。ケバケバに脂肪繊維が付着し、糸の中心へ向けての引っ張りもあります。1週間ほどで効果を実感できます。
コラーゲン注射。加齢や紫外線で失われた潤い成分であるコラーゲンを注射で直接補給する施術です。即効性はあります。
レーザー治療。繊維細胞を刺激することで、コラーゲンやエラスチンの増幅を図る事ができます。ピーリング効果も発揮されるので、たるみ治療のうれしい副産物として美肌も獲得出来ます。
ボトックス注射。浅めのごく初期のたるみなら、ボトックス注射により軽い麻痺効果を引き起こす事によって、筋肉の働きが抑制されます。これにより、たるみも改善されます。
ヒアルロン酸注射。ヒアルロン酸は、保湿成分をになっている成分ですが、加齢や紫外線によって失われていきます。ヒアルロン酸の減少によって、あらゆるダメージがお肌に加わっていくのです。たるんだ頬に直接ヒアルロン酸を注入することにより、失われたヒアルロン酸を回復します。
イオン導入。弱電流を頬に流すことによって、皮膚の栄養吸収力を倍増しますから、美肌に不可欠なビタミンCを皮膚の深層部まで浸透させる事ができます。肌細胞の活性化にも多いに効果があります。
————————-◇
上記の「糸、頬、引き上げ、効果、実感」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★ウルトラシェイプ、リバウンド、心配。。

:::

ウルトラシェイプ、リバウンド、心配。。

脂肪吸引では、主にメスを使って皮膚を切開し、カニューレを挿入する方法をとります。しかしウルトラシェイプでは、切開の必要がなく、肌に超音波ヘッドを当てて照射するのみなので、抵抗感を感じないとのこと。そういった点で脂肪吸引よりも身体への安全面が優れています。また脂肪除去ですので、リバウンドの心配も少ないそうです。また、ウルトラシェイプは、超音波皮下脂肪溶解装置。太陽の光をレンズで集光すると、焦点のところで紙が燃えるエネルギーになるのと同じ原理を採用しています。超音波を皮下脂肪層のある一定の深さに集中すると、皮膚の表面でのエネルギーより強大になり、脂肪細胞を揺さぶり、同時に発熱します。そうすると脂肪が溶けて代謝吸収が起こるわけです。 脂肪細胞はエネルギーや排泄物となり、自然に体外へ排出されます。、
————————-◇
上記の「ウルトラシェイプ、リバウンド、心配」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★骨削り、骨切り、腫れ、抑える、圧迫包帯。。

:::

骨削り、骨切り、腫れ、抑える、圧迫包帯。。

輪郭形成術である骨削りや骨切りでは術後に骨髄がむき出しになります。骨髄とは、血液を生産する部位です。ですから輪郭の手術後、骨髄がむき出しになると、骨髄性の出血が術後の夜くらいまでは続くものです。ですから患者に無用に体を動かす事をさせないためにも入院すべきです。また、入院する以上、翌日のガーゼ交換まで創内(傷の奥)にドレーンを留置さえます。このドレーンは、体内に本来であれば存在しないはずの空間が手術によって作られたため、術後その空間に麻酔液の残り、血液、体液などを体外に排水させるポンプの役目を果たすものです。また、圧迫包帯も入院ですから腫れを抑えるため、ことさらガッチリ巻きます。 術後当日に帰宅するのはリスクが大きすぎます。、
————————-◇
上記の「骨削り、骨切り、腫れ、抑える、圧迫包帯」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脱脂術+リポトランスファー 東京。。

:::

脱脂術+リポトランスファー 東京|に関連する記事を寄稿ください。
.
寄稿記事とは・・・
このブログでは読者参加型のコンテンツを設けており、読者から寄せられた美容整形にまつわる記事を載せています。この「脱脂術+リポトランスファー 東京」に関連する寄稿記事の募集もその一環です。、
読者から寄せられた何気ない記事が、初めて美容整形に臨む方、整形失敗に遭われた方、修正手術に臨む方にとって参考になることが多々あります。読者の皆様におかれましてはご協力のほどよろしくお願いいたします。
なお、この脱脂術+リポトランスファー 東京に関連する記事も含め、読者と管理人との記事の内容が食い違うことがあるかもしれません。どちらの内容を参考にするかは読者の判断に委ねます。
.
募集記事のワード、フレーズ・・・
この脱脂術+リポトランスファー 東京もそうですが、募集記事のワードなりフレーズはこれまでに読者から管理人へ実際に寄せられた相談内容をストレートに表現することにしています。ですから文章的に不自然なフレーズになることもあります。
.
寄稿スタイル・・・
寄稿記事の書式は問いません。意見、質問、感想、体験、つぶやき、論文、既存記事に対する異論、その他文書スタイルは一切問いません。勿論この脱脂術+リポトランスファー 東京に関連する記事についても同じです。
また、記事のタイトルについても、例えば脱脂術+リポトランスファー 東京に関連する内容の記事であるからといって特にそのワードなりフレーズにこだわる必要はありません。
.
寄稿方法・・・
カテゴリ「寄稿要項」を開き、そこに記入されたメアドへ、この脱脂術+リポトランスファー 東京のワードなりフレーズに関連する記事を書き込み送信してください。
.
掲載規定・・・
この脱脂術+リポトランスファー 東京に関連する記事も含め、原則的にタイトル、本文とも寄稿されてきた原文のままアップさせていただきます。ただし、固有名詞、その他諸事情から一部に修正、加筆を施す場合もありますことをご了承ください。また諸事情からアップできないケースもありますことをご了承ください。

、、

7★おとがい延長手術 東京

おとがい延長手術 東京|に関連する記事を寄稿ください・・・
.
寄稿記事とは・・・
このブログでは読者参加型のコンテンツを設けており、読者から寄せられた美容整形にまつわる記事を載せています。この「おとがい延長手術 東京」に関連する寄稿記事の募集もその一環です。
読者から寄せられた何気ない記事が、初めて美容整形に臨む方、整形失敗に遭われた方、修正手術に臨む方にとって参考になることが多々あります。読者の皆様におかれましてはご協力のほどよろしくお願いいたします。
なお、このおとがい延長手術 東京に関連する記事も含め、読者と管理人との記事の内容が食い違うことがあるかもしれません。どちらの内容を参考にするかは読者の判断に委ねます。
.
募集記事のワード、フレーズ・・・
このおとがい延長手術 東京もそうですが、募集記事のワードなりフレーズはこれまでに読者から管理人へ実際に寄せられた相談内容をストレートに表現することにしています。ですから文章的に不自然なフレーズになることもあります。
.
寄稿スタイル・・・
寄稿記事の書式は問いません。意見、質問、感想、体験、つぶやき、論文、既存記事に対する異論、その他文書スタイルは一切問いません。勿論このおとがい延長手術 東京に関連する記事についても同じです。
また、記事のタイトルについても、例えばおとがい延長手術 東京に関連する内容の記事であるからといって特にそのワードなりフレーズにこだわる必要はありません。
.
寄稿方法・・・
カテゴリ「寄稿要項」を開き、そこに記入されたメアドへ、このおとがい延長手術 東京のワードなりフレーズに関連する記事を書き込み送信してください。
.
掲載規定・・・
このおとがい延長手術 東京に関連する記事も含め、原則的にタイトル、本文とも寄稿されてきた原文のままアップさせていただきます。ただし、固有名詞、その他諸事情から一部に修正、加筆を施す場合もありますことをご了承ください。また諸事情からアップできないケースもありますことをご了承ください。

7★鼻、半年、曲がっている、美容外科。。

:::

鼻、半年、曲がっている、美容外科。。

鼻を高くする手術を受けたが曲がっている気がする。そんな残念な結果になる場合もあります。そういうときに担当医が鼻が曲がっていることを認めてくれると良いのですが、腫れているせいだ、とか半年経たないとわからない、とか逃げる医師も中にはいます。、
確かに術後すぐでは鼻が曲がっているかどうかは判断できないと思います。しかし、1ヶ月、2ヶ月もしないうちに腫れは引きますので、その時に鼻が曲がっている様でしたら担当医に文句を言うなり、他の美容外科へ行ってみるなりした方が良いでしょう。とはいえ、多少のゆがみは気にしないくらいの心構えで臨んだ方が健康的です。
————————-◇
上記の「鼻、半年、曲がっている、美容外科」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★生理食塩水バッグ挿入 東京。。

:::

生理食塩水バッグ挿入 東京|に関連する記事を寄稿ください。
.
寄稿記事とは・・・
このブログでは読者参加型のコンテンツを設けており、読者から寄せられた美容整形にまつわる記事を載せています。この「生理食塩水バッグ挿入 東京」に関連する寄稿記事の募集もその一環です。、
読者から寄せられた何気ない記事が、初めて美容整形に臨む方、整形失敗に遭われた方、修正手術に臨む方にとって参考になることが多々あります。読者の皆様におかれましてはご協力のほどよろしくお願いいたします。
なお、この生理食塩水バッグ挿入 東京に関連する記事も含め、読者と管理人との記事の内容が食い違うことがあるかもしれません。どちらの内容を参考にするかは読者の判断に委ねます。
.
募集記事のワード、フレーズ・・・
この生理食塩水バッグ挿入 東京もそうですが、募集記事のワードなりフレーズはこれまでに読者から管理人へ実際に寄せられた相談内容をストレートに表現することにしています。ですから文章的に不自然なフレーズになることもあります。
.
寄稿スタイル・・・
寄稿記事の書式は問いません。意見、質問、感想、体験、つぶやき、論文、既存記事に対する異論、その他文書スタイルは一切問いません。勿論この生理食塩水バッグ挿入 東京に関連する記事についても同じです。
また、記事のタイトルについても、例えば生理食塩水バッグ挿入 東京に関連する内容の記事であるからといって特にそのワードなりフレーズにこだわる必要はありません。
.
寄稿方法・・・
カテゴリ「寄稿要項」を開き、そこに記入されたメアドへ、この生理食塩水バッグ挿入 東京のワードなりフレーズに関連する記事を書き込み送信してください。
.
掲載規定・・・
この生理食塩水バッグ挿入 東京に関連する記事も含め、原則的にタイトル、本文とも寄稿されてきた原文のままアップさせていただきます。ただし、固有名詞、その他諸事情から一部に修正、加筆を施す場合もありますことをご了承ください。また諸事情からアップできないケースもありますことをご了承ください。

、、

7★脂肪注入、大きなバストにする、脂肪の量。。

:::

脂肪注入、大きなバストにする、脂肪の量。。

人工乳腺と違い自己の細胞を使う脂肪注入法は、体への拒否反応の問題はありません。脂肪は注射器で注入するため、感染症にかかる可能性も人工乳腺と比べると低いです。なので後遺症の可能性はかなり少なく安全と言われています。、
しかし、人工乳腺でそれなりに大きなバストにするにはかなりの量の脂肪が必要になります。吸引した量より注入する量のほうが少なく、さらに体内に入れても定着する量はもっと減ります。
定着率を上げるには、バスト全体にまんべんなく脂肪を注入しなければいけませんが、それでも定着できなかった脂肪はでてきます。それらの脂肪は基本的には溶けて体外に排出されるといわれていますが、上手く排出されないと、カルシウムが沈着してしこりになったり、壊死した組織にカルシウムが沈着して石灰化したり、脂肪周囲の壊死や吸収された組織、その部位にキズができて硬い組織になる繊維が起こります。
そうなると、マンモグラフィなどの乳がん検診を受けたときに癌細胞との区別がつきにくくなるので、乳癌の早期発見の妨げになるかもしれません。
————————-◇
上記の「脂肪注入、大きなバストにする、脂肪の量」は「読者の寄稿記事」です。

、、