7★脂肪吸引法、止血、麻酔、超音波。。

:::

脂肪吸引法、止血、麻酔、超音波。。

チューメセント法は、脂肪吸引法の一つで、現在行われている脂肪吸引の中でも、特によく行われている脂肪吸引法です。止血作用や麻酔効果、脂肪を柔らかくする効果のある特殊な溶液を注入したあと、脂肪を吸引します。、
溶液には、止血作用や麻酔を強める効果のあるエピネフリン、局所麻酔効果のあるリドカインなどを、生理食塩水で薄めたものを使用します。吸引する脂肪の量の1~3倍程度を注入するため、注入後は脂肪が膨らみます。
溶液に止血効果のある薬剤を使用しているため、それまでの脂肪吸引で必要だった輸血の必要がなくなりました。現在では、このチューメセント法をベースにして、浅層脂肪吸引や超音波脂肪吸引なども利用されるようになっています。
————————-◇
上記の「脂肪吸引法、止血、麻酔、超音波」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★リフト術、顔、印象、たるみ、皮膚。。

:::

リフト術、顔、印象、たるみ、皮膚。。

その人らしさ、とは、もちろん全体的な印象として表現される物ですが、やはり顔の表情にもアイデンティティを表現する要素がたくさんあります。顔の下部分のたるみ、頬や顎の部分の余分な皮膚や、首のたるみなどは顔の下部分のリフト術で大きく改善する事が出来ます。顔の下部分のリフトでは、SMAS(スマス)と呼ばれる筋肉を引き上げて固定いたします。、
SMAS(スマス)は表情筋と呼ばれる筋肉です。この筋肉の特徴は骨とつながっているのではなく皮膚とつながっているのです。顔の下部分のリフトは1時間から3時間の時間がかかります。一般的には、髪の生え際から耳の周辺を通り首の方へと曲線の切開を行います。その後、特別な器具を使って注意深くお顔の下部分のSMAS(スマス) を組織からはがして行きます。顔の構造をより引き上げるために、手術後の表情をより自然な表情にするために、SMAS(スマス)の整復はとても大切な作業です。このSMAS(スマス)を引き上げる事によって、おのした部分に新たな張りがよみがえります。
皮膚の下の構造な処置が施されると、皮膚をその上に張りが保たれるように置き、余分な皮膚を取り除き、切開部分で縫合されていきます。手術後には水分や血液が溜まらないように、圧迫帯で顎や頬を固定いたします。効果はすぐに実感出来ますが、腫れが完全に引く一ヶ月後にはすっきりと晴れ晴れしい印象に生まれ変わる事が出来ます。
————————-◇
上記の「リフト術、顔、印象、たるみ、皮膚」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★胸、大きく、バッグ、シリコン、中身。。

:::

胸、大きく、バッグ、シリコン、中身。。

胸を大きくするために、胸にバッグを挿入する行為のことをインプラントと言います。、このバッグの中身は主にシリコンが入っており、本物のような手触りを実現しています。最近のシリコンバッグでは3重構造にした膜にするなど、内容物のシリコンが破れないよう、シリコンコーティングされた膜で覆われたバッグを使用しているのでより安心になっています。
————————-◇
上記の「胸、大きく、バッグ、シリコン、中身」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★美容外科、事故、トラブル、副作用、安全。。

:::

美容外科、事故、トラブル、副作用、安全。。

美容医療が臨床医学の一分野として徐々に認識され、大学病院や総合病院の形成外科でも美容外科を診療科として治療を始めるようになってきました。、
しかし、新しい医療分野として美容外科、美容皮膚科、アンチエイジングの治療が広く行われると共に、それらによる事故やトラブルが起きていることも事実です。レーザーやケミカルピーリングによる肌の損傷や火傷、シワ取り注射によるアレルギー反応、炎症。脂肪吸引、豊胸手術など美容外科手術による事故。また、認可されてない薬物を使用したことによる副作用などがあります。
美容外科、美容皮膚科などで起きたトラブルや事故はなぜ起きたのでしょう。医学は完璧なものではありませんから予期せぬ副作用やトラブルは起こりうるものです。しかし、だからといって、危ない、怖い、というものではありません。正しい技術で十分な準備のもとに経験のある専門医が行えば安全な手術です。ただし、経験の浅い医師が、未熟な技術で十分な準備もせずに行えばどんな手術、注射でさせ危険なものになってしまいます。
————————-◇
上記の「美容外科、事故、トラブル、副作用、安全」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪、吸引、根こそぎ、落としたい、取る。。

:::

脂肪、吸引、根こそぎ、落としたい、取る。。

根こそぎ脂肪を取ってほしい、とことん脂肪を落としたい。せっかくやるなら限界まで取りたいと、多く取ることばかりに目的を設定すると、部位によっては組織ダメージにより、痺れが残ったり、デザイン上、取り返しのつかない結果になったりします。、
太股の脂肪を野こそぎ限界まで取ってしまった場合、太股の付け根にあるお尻を支えるための柱となる脂肪まで無くなってしまい、加齢や経年とともにお尻が垂れ下がってきます。
頬は、頬骨の下の脂肪は取ってはいけません。この部分の脂肪を取るとゲッソリして不健康な印象になります。
二の腕や内股は、中央部分が吸引されやすいので、取れるがままに吸引していると砂時計型になり形がおかしくなります。
脂肪には、多く取っていいエリア(ポジティブゾーン)と、多く取ってしまうとデザインが悪くなるエリア(ネガティブゾーン)があり、美しいデザインを作るには、まわりの形を支えるための役割を持った、ネガティブゾーンの脂肪は残しておくことが重要です。
————————-◇
上記の「脂肪、吸引、根こそぎ、落としたい、取る」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★顎、引っ込んでいる、下膨れ、プロテーゼ。。

:::

顎、引っ込んでいる、下膨れ、プロテーゼ。。

下顎が引っ込んでいるのをバードフェイスと言います。
顎が後退している輪郭は、東洋人の顔の特徴とも言われています。日本人は西欧人種に比べ、骨格的に下顎骨が引っ込んでいる人が多い傾向にあります。下顎が後退していると下ぶくれの輪郭になりがちなうえ、顔全体の立体感が欠落するため、実際の顔の面積以上に顔が大きく見えてしまいがちです。、
お手軽で、最も多く行われている改善方法としては、顎先にプロテーゼを入れることです。プロテーゼも数種類ありますので、その人の状態をみながら希望する大きさや形状に合ったものを慎重に選ぶ必要があります。その際、必要があれば顎骨切り術を併用することがあります。口腔内からのアプローチなので、傷は一切目立つことはありません。
————————-◇
上記の「顎、引っ込んでいる、下膨れ、プロテーゼ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★下顎、長い、短縮、曲がり、改善。。

:::

下顎、長い、短縮、曲がり、改善。。

下顎が長いことを気にされている方は、現在の状態や程度により、下顎骨を削る、切り取るなどして短縮させて改善させることが可能です。ただ、下顎(オトガイ)は神経が集中しているので、神経の位置を確認して顎の短縮術(骨切り術)を施すことが不可欠です。手術を成功させるには、事前に神経などを確実に確認してから手術計画を進めるクリニックであるところが大前提です。、
本人の神経などの状態にもよりますが、技術が高いクリニックであれば、最大で8~10㎜くらいは短縮できます。また、軽度の長さ、顔立ちによって、鼻や目元など他の部分を整形することで、アゴの長さが気にならなくなる場合もあります。
下顎の曲がりを改善するためには、下顎骨の骨切りだけでも改善できる場合もありますが、カウンセリングを受けると、エラ骨まで含めて全体が曲がっていることもあります。まずは、アゴ先の改善で済むのか、エラまで骨切り術が及ぶのか、確実に見極めることが大切です。軽度の曲がりであれば、骨削りだけで大丈夫な場合もあります。
————————-◇
上記の「下顎、長い、短縮、曲がり、改善」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★エラ、四角い顔、輪郭、ライン、修正。。

:::

エラ、四角い顔、輪郭、ライン、修正。。

エラが張った四角い顔、エラが左右非対称、顔の横幅がきになる、といった場合、これが骨格による症状であるならば、下顎角形成術が適応です。聞き慣れた言葉ですと、エラ骨削り、エラ骨切りと言います。、
骨格が原因の場合、脂肪吸引やボトックス注射では根本から改善することはできません。現在の状態や希望のイメージに合わせて、骨を削ったり、切るなどして、理想のフェイスラインを実現します。
まず、輪郭形成には、術前検査(採血、心電図、レントゲン)を必ずします。骨の状態を確認します。実際の施術は、口の中からエラ骨の出っ張った部分、つまり余分な部分を削ったり、切り取る事で修正していきます。
エラ(下顎角骨)の手術を行う場合、正面から見た輪郭のラインと横から見た輪郭のラインの改善方法は異なりますので、オトガイ部を含めた全体の骨格修正を考えないとバランスは保てない場合もあることを頭に入れておくと良いでしょう。専門医によく診て頂き、そのうえで充分なデザインを施すことが成功のポイントです。
尚、口の中からのアプローチのため、顔の表面には傷跡は一切残りません。一般的に、手術は全身麻酔で行われますが、入院は不要な場合が殆どです。
————————-◇
上記の「エラ、四角い顔、輪郭、ライン、修正」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★頬、男性的、ごつい、突出、エラ。。

:::

頬、男性的、ごつい、突出、エラ。。

頬骨部の突出は日本人に多く見られる顔面骨格的特徴で、男性的で、ごつい感じで、きつそうな印象をもたれます。顔面中央部で、もみ上げの辺りの側方への突出(頬骨弓)は顔の横幅が大きくなります。また頬骨の突出は、その下の頬に影をつくり凹凸感も強く出ます。、
エラ、顎の手術を希望されるのは年齢的には20~30歳台の若い方が多いのですが、この頬骨は20~50歳代と患者さんの年齢層が幅広いのが特徴です。加齢で、こめかみ、頬の脂肪が減ってくることにより、頬骨だけ突出して目立つことが多いのが理由と言えるでしょう。
頬骨削りは縮小効果が大きいですが、あまり小さくし過ぎると、かえってエラの部位が下膨れに見えたり、こめかみより窪んで見えたりと、マイナス効果もあり、その意味では周囲組織とのバランスを取りながら小さくする必要があります。
小顔形成術を希望する人は多いですが、頬骨骨切り術とエラ骨切り術を同時に行うことが最大の小顔形成になります。
————————-◇
上記の「頬、男性的、ごつい、突出、エラ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★長い顎、面長、治したい、短縮。。

:::

長い顎、面長、治したい、短縮。。

長い顎を短くしたい方、面長の顔を治したい方、顎を引っ込めたい方、顎を出したい方、他院手術後の段差を修正したい方には、オトガイ短縮手術が適応されます。、
一般的に世間で思われている顎は、口元の下方で顔の中心である下顎角の中央部分を指しますが、その部位は医学用語では、オトガイ(頤、おとがい)と表現されます。
オトガイの骨を切除予定幅で上下2本、水平方向に骨切りし、中間骨を切除して(中抜き)、遠位の骨片を上方に移動し、固定します。骨片移動に際して、短縮と同時に前進、後退を行うこともあります。またオトガイ幅を狭くすることも可能です。短縮量の目安は、下口唇下端~オトガイ先端の距離を計測して、女性では平均値の35㎜に近づけるようにします。オトガイ神経の走行位置にもよりますが、最大で8~10㎜の短縮が可能です。手術は全身麻酔下に行われます。
————————-◇
上記の「長い顎、面長、治したい、短縮」は「読者の寄稿記事」です。

、、