7★顎、悩み、長い、短い、噛み合わせ。。

:::

顎、悩み、長い、短い、噛み合わせ。。

顎の悩みは、大きく2つに分けることができます。、
顎が出ている、顎が後退しているといった、「顎の向き」に関する悩みと、顎が長い、顎が短いといった「顎の長さ」に関する悩みです。
整った輪郭の条件としてあげられるEラインですが、鼻先と下顎先を線で結ぶように定規を当ててみると、鼻先・上唇・下唇・下顎先が均一に定規に当たると美しいラインと言われています。日本人の多くは、西欧人に比べて上顎が突出しているため、上顎が強く当たったり、下顎先よりも上唇が出ている傾向にあると言われています。
顎の手術は咬合(噛み合わせ)に大きく関連する手術も含まれていることが多々あります。その際は歯科矯正を併せ用いながら行っていく場合もあります。
顎の手術は全て口の中より行われますので、手術跡が顔の表面に出るようなことはありません。ただ、顔の中でも顎、特に下顎は、重要な神経、血管、筋肉が集中しているため、手術にはクリニックの豊富な専門知識と高度な技術が求められます。
————————-◇
上記の「顎、悩み、長い、短い、噛み合わせ」は「読者の寄稿記事」です。

、、