7★脂肪吸引、後、圧迫、色素沈着、腫れ。。

:::

脂肪吸引、後、圧迫、色素沈着、腫れ。。

脂肪吸引後は圧迫固定や患部の違和感によって動くのが辛い状態になりますが、施術から2~3日安静にした後はじっとしているよりも体を動かした方が患部の治りも早くなります。また、患部を圧迫したまま動かない状態が続くと、血栓症の原因になることがあるので、体はある程度は動かすようにしましょう。、
術後は圧迫固定が必要ですが、サポーターなどで毎日圧迫を行うと皮膚が弱い方は色素沈着を起こしてしまうことがあります。通常、色素沈着は紫外線や刺激を避ければ数ヶ月~1年ほどで改善しますが、肌質によっては色素沈着が跡になって残ってしまうことがあります。
圧迫装具によって皮膚が蒸れてしまったり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。そのため、通気性が良く伸縮性がある圧迫装具で圧迫を行いましょう。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてはガードルやストッキングなどでも良いでしょう。
飲酒や喫煙は術後の腫れや内出血などの症状の改善を遅くしてしまいます。圧迫が取れる時期(術後2~3週間)は飲酒やタバコは控えます。また、ストレスも抱え込まないようにしましょう。
————————-◇
上記の「脂肪吸引、後、圧迫、色素沈着、腫れ」は「読者の寄稿記事」です。

、、