7★受け口、しゃくれ、噛み合わせ、骨削り。。

:::

受け口、しゃくれ、噛み合わせ、骨削り。。

上の歯が下の歯より引っ込んでいて、噛み合わせが反対になっている。下顎(オトガイ)が前に出ている。受け口、しゃくれとも言う。、
下顎骨全体が前に出ていることが原因のため、程度に合わせて、骨切りか骨削りによって改善します。技術が高いクリニックでは、最大10㎜程度まで改善が可能です。顎の先端のみが出ているような場合はオトガイ形成により改善します。通常の歯列矯正で2~3年要する咬合の問題が短時間の手術で改善します。術前のレントゲン写真、歯列模型による詳細なプランが必要になります。術後に歯科的治療が必要となる方もいます。
————————-◇
上記の「受け口、しゃくれ、噛み合わせ、骨削り」は「読者の寄稿記事」です。

、、