7★美容外科、医師、ドクター、経験、担当。。

:::

美容外科、医師、ドクター、経験、担当。。

美容外科医の場合、最初から美容外科専攻のドクターは意外と少なく、ほとんど他科(内科、外科、麻酔科など)から転向してくれうケースが多いのが特徴です。この傾向は、人材確保が急務である大手クリニックチェーンに多くみられます。、
また、美容外科に関連が高いとされる形成外科出身でも、大学病院ではほとんどが火傷や先天性の奇形の手術を担当しますから、脂肪吸引や豊胸手術は経験がないドクターも多くいらっしゃいます。これは大学病院を離れてすぐに開業した個人クリニックのドクターに多く見受けられます。
このように他科から転向するドクターが多いのは、近年、医師を取り巻く医療環境は悪化を辿り、比較的年収の高い美容外科に魅力を感じるドクターが増えているからです。年齢が高くても、美容外科医としては初心者というドクターも多いので注意が必要です。
担当医を選ぶ場合は、医師としての経験だけでなく、必ず美容外科医としての経験年数を確認して下さい。

————————-◇

上記の「美容外科、医師、ドクター、経験、担当」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪吸引、後、圧迫、色素沈着、腫れ。。

:::

脂肪吸引、後、圧迫、色素沈着、腫れ。。

脂肪吸引後は圧迫固定や患部の違和感によって動くのが辛い状態になりますが、施術から2~3日安静にした後はじっとしているよりも体を動かした方が患部の治りも早くなります。また、患部を圧迫したまま動かない状態が続くと、血栓症の原因になることがあるので、体はある程度は動かすようにしましょう。、
術後は圧迫固定が必要ですが、サポーターなどで毎日圧迫を行うと皮膚が弱い方は色素沈着を起こしてしまうことがあります。通常、色素沈着は紫外線や刺激を避ければ数ヶ月~1年ほどで改善しますが、肌質によっては色素沈着が跡になって残ってしまうことがあります。
圧迫装具によって皮膚が蒸れてしまったり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。そのため、通気性が良く伸縮性がある圧迫装具で圧迫を行いましょう。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてはガードルやストッキングなどでも良いでしょう。
飲酒や喫煙は術後の腫れや内出血などの症状の改善を遅くしてしまいます。圧迫が取れる時期(術後2~3週間)は飲酒やタバコは控えます。また、ストレスも抱え込まないようにしましょう。
————————-◇
上記の「脂肪吸引、後、圧迫、色素沈着、腫れ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★顎、悩み、長い、短い、噛み合わせ。。

:::

顎、悩み、長い、短い、噛み合わせ。。

顎の悩みは、大きく2つに分けることができます。、
顎が出ている、顎が後退しているといった、「顎の向き」に関する悩みと、顎が長い、顎が短いといった「顎の長さ」に関する悩みです。
整った輪郭の条件としてあげられるEラインですが、鼻先と下顎先を線で結ぶように定規を当ててみると、鼻先・上唇・下唇・下顎先が均一に定規に当たると美しいラインと言われています。日本人の多くは、西欧人に比べて上顎が突出しているため、上顎が強く当たったり、下顎先よりも上唇が出ている傾向にあると言われています。
顎の手術は咬合(噛み合わせ)に大きく関連する手術も含まれていることが多々あります。その際は歯科矯正を併せ用いながら行っていく場合もあります。
顎の手術は全て口の中より行われますので、手術跡が顔の表面に出るようなことはありません。ただ、顔の中でも顎、特に下顎は、重要な神経、血管、筋肉が集中しているため、手術にはクリニックの豊富な専門知識と高度な技術が求められます。
————————-◇
上記の「顎、悩み、長い、短い、噛み合わせ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★受け口、しゃくれ、噛み合わせ、骨削り。。

:::

受け口、しゃくれ、噛み合わせ、骨削り。。

上の歯が下の歯より引っ込んでいて、噛み合わせが反対になっている。下顎(オトガイ)が前に出ている。受け口、しゃくれとも言う。、
下顎骨全体が前に出ていることが原因のため、程度に合わせて、骨切りか骨削りによって改善します。技術が高いクリニックでは、最大10㎜程度まで改善が可能です。顎の先端のみが出ているような場合はオトガイ形成により改善します。通常の歯列矯正で2~3年要する咬合の問題が短時間の手術で改善します。術前のレントゲン写真、歯列模型による詳細なプランが必要になります。術後に歯科的治療が必要となる方もいます。
————————-◇
上記の「受け口、しゃくれ、噛み合わせ、骨削り」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★シリコンバッグ、破損、破れ、安全性。。

:::

シリコンバッグ、破損、破れ、安全性。。

コヒーシブシリコンバッグの最大の特長は、万が一バッグが破損しても漏れないところです。コヒーシブとは、「粘着性がある」や「結合力がある」という意味で、見た目は従来のシリコンジェルのような液体に見えますが、実際は固体で液体のように落ちてきません。そのため、万が一バッグが破れても体内に漏れ出す危険性ないため、安全性が高いといえます。、
短所としては、固体であるため触った感触はシリコンジェルよりもやや硬く、さらには内容物が入った状態のバッグであるため、大きさによって皮膚切開範囲が広くなる短所もあります。安全性が高いことから、バイオセルバッグやアシンメトリーバッグ、メモリージェルバッグなどの内容物もこのコヒーシブシリコンタイプです。
このバッグの耐久性は、外膜によって決まります。外膜が3重構造になっているバイオセルバッグや4重になっているメモリージェルバッグはバッグ破損のリスクを極力抑えて、内容物がコヒーシブシリコンであるため、万が一バッグが破損しても内容物が漏れない安全なバッグです。
シリコン自体は、FDA(米国食品医薬品局)に人体に問題がないことが証明されたので、特に心配する必要はないと思います。
表面は、術後の被膜拘縮を起こしにくいザラザラしたテクスチャードタイプと、術後のマッサージが必要なスムースタイプの2種類です。バッグの形は、丸型のラウンド型と涙型のアナトミカル型の2種類です。
————————-◇
上記の「シリコンバッグ、破損、破れ、安全性」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★ガミースマイル、歯茎、むき出し、解消。。

:::

ガミースマイル、歯茎、むき出し、解消。。

口元の悩みで最も深刻なのが、ガミースマイル。笑った時に歯茎がむき出しになるもので、どんなに美しい顔立ちでも、これでは美しさが台無しです。ガミースマイルは上唇と歯茎の間が広すぎることが原因ですので、この上唇と歯茎の間の空間を小さくし、歯茎の見える幅を少なくすることで、笑顔が上品になります。ガミースマイルを解消するには症状の程度によって何通りかの手術があります。あごの骨を削り縫い縮める方法、耳の後ろから軟骨を切り取り、鼻と歯茎の境目に挿入する方法、上唇と歯肉の間の粘膜を除去して縫合する方法、筋肉の動きを和らげるボトックスを注射することで上口唇の過度な動きを抑える方法です。これらはすべて唇の内側から手術を行うため、傷口が目立つことはありません。また、粘膜は修復力も高いため、自然で美しく仕上がります。、
————————-◇
上記の「ガミースマイル、歯茎、むき出し、解消」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★胸、インプラント、手触り、破れ。。

:::

胸、インプラント、手触り、破れ。。

胸を大きくするために、胸にバッグを挿入する行為のことをインプラントと言います。、このバッグの中身は主にシリコンが入っており、本物のような手触りを実現しています。最近のシリコンバッグでは3重構造にした膜にするなど、内容物のシリコンが破れないよう、シリコンコーティングされた膜で覆われたバッグを使用しているのでより安心になっています。
————————-◇
上記の「胸、インプラント、手触り、破れ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★胸、インプラント、手触り、シリコン。。

:::

胸、インプラント、手触り、シリコン。。

胸を大きくするために、胸にバッグを挿入する行為のことをインプラントと言います。、このバッグの中身は主にシリコンが入っており、本物のような手触りを実現しています。最近のシリコンバッグでは3重構造にした膜にするなど、内容物のシリコンが破れないよう、シリコンコーティングされた膜で覆われたバッグを使用しているのでより安心になっています。
————————-◇
上記の「胸、インプラント、手触り、シリコン」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★バストアップ、豊胸手術、痛み、合併症、リスク。。

:::

バストアップ、豊胸手術、痛み、合併症、リスク。。

多くの女性のバストアップがどんどん実現している近年。バストアップ法の一つである豊胸手術の技術は目覚しく進歩しています。ですが、脂肪注入法で無駄な部分の脂肪を取りバストに注入したり、豊胸バッグを挿入するという行為は、どんなに技術が進歩しても、やはり手術を受ける人の身体には大きな負担がかかりますし、術後、体が元通り順応するまでは長い時間がかかります。ですから、バストアップ手術を受けるときには、手術を受けるまでではなく、術後の生活も視野に入れ、術後はなるべく療養に専念しながら生活を送ることができるように準備しておくことが必要です。、
バストアップ手術後、順調な経過となるように、或いは合併症のリスクを減らすことができるように、手術前にはクリニックで様々な注意事項が説明されるはずですから、説明をきちんと聞いて、慎重に術後の生活を送るようにしましょう。
一般的に、手術後には痛みが出ることが多くあります。その痛みは、日常生活に支障をきたすほど強い痛みの場合もありますから、3日間くらい、可能であれば一週間ほどは仕事を休むことが出来るような段取りをしておくことをオススメします。勿論、痛みには個人差がありますが、食事の支度なども痛みで辛いということもありますから、簡単に調理して食べられるようなものを用意しておく人が多いようです。また痛みや異物感を紛らわすために気に入った音楽やDVDを用意しておいて、療養中はベッドで安静にしながらリラックスした時間を過ごすという人も多くいます。
バストアップ手術を受けると術後の痛みなど想像できず不安になってしまうかもしれませんが、多くの人がバストアップに成功しています。自分がバストアップに成功した姿を思い浮かべながら、前向きに準備をし、術後の生活も備えておくことが必要です。
————————-◇
上記の「バストアップ、豊胸手術、痛み、合併症、リスク」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★メソセラピー、脂肪、ふくらはぎ、太もも、お腹。。

:::

メソセラピー、脂肪、ふくらはぎ、太もも、お腹。。

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは、脂肪を分解する働きがる薬剤を注射することで脂肪の分解と排出を促す治療です。メソセラピーは、顔面や二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎなどの部分痩せに適しており、施術回数を重ねるごとに痩身の希望部位を理想的な状態へと導くことができます。、
メソセラピーで使用される薬剤は、高脂血症などで用いられる薬剤(血清脂質改善薬)として用いられる薬であるため、直接皮下に注射することによる深刻な副作用は確認されていません。(ただし、持病がある人や注入した量によってはトラブルをまねく可能性があります)
メソセラピーは一度の施術ではなかなか効果が得られにくいことから、2週間おきに3~5回の施術を行うのが一般的です。治療継続によって効果が得られるため、希望通りの段階的な痩身を行うことができます。
————————-◇
上記の「メソセラピー、脂肪、ふくらはぎ、太もも、お腹」は「読者の寄稿記事」です。

、、