7★フェイスリフト、SMAS筋、内出血、全身麻酔。。

:::

フェイスリフト、SMAS筋、内出血、全身麻酔。。

やはりしわが深くたるみの程度がひどい場合は、本格的な切るフェイスリフトになります。、
切るフェイスリフトは大がかりな手術です。デザインにそって切開をして組織を剥離していきます。筋肉(SMAS筋・表情筋)を吊り上げ、確認できたところで縫合します。
手術は全身麻酔で行われます。よくご存知なのは吸入麻酔ですが、静脈麻酔(注射)で行われる場合もあります。この麻酔のトラブルが最も多いのです。しっかりした麻酔医が手術につきそう必要があります。この点を確認されるべきでしょう。麻酔医をおくとコストがかさむので、局所麻酔で多くの美容整形をこなす先生もいます。この点は大事ですので、麻酔の方法、進め方、リスクなどについて納得いくまで先生に聞いてください。
さて、手術の時間ですが、数時間にも及びます。お医者さんの方針や施術のしかたでかなり変わりますが、やはり、神経を傷つけず、内出血を極力抑えようとすると、それくらい慎重な手術になるようです。時間が長いので、同じ姿勢を続けることはかなり辛いようです。抜糸まではおよそ1週間かかります。この間、毎日消毒のために通院します。このとき、クリニックによってはテーピングするところもあります。これは腫れの予防です。
抜糸後、シャンプーができますが、クリニックと提携している美容院でやってもらうのが無難です。手術後、腫れや内出血は出てきますが1~2週間で消失します。特に日常生活の制限はありません。
このようにどこのクリニックで手術するか、どのお医者様にかかるかということがたいへん重要です。候補のクリニックをいくつかに絞り込んだら、納得いくまで先生と話し合ってください。また、丹念に説明してくれる先生が間違いなくいい先生です。

上記の「フェイスリフト、SMAS筋、内出血、全身麻酔」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪吸引、費用、ボディジェット、腫れ、むくみ。。

:::

脂肪吸引、費用、ボディジェット、腫れ、むくみ。。

美容外科で行われている脂肪吸引の施術にはいくつかの種類があります。、それぞれの脂肪吸引の方法によって術後回復するまでの時間、費用、効果を実感するまでにかかる時間などに差があります。一般的に行われている脂肪吸引では腫れやむくみといった症状が術後1ヶ月半ほど続きます。しかし、EUA超音波脂肪吸引では1ヶ月、エルコーニアレーザー脂肪吸引では2週間、さらにボディジェットでは1日と、腫れやむくみの起こる期間が短縮されています。また、脂肪吸引の施術後には皮膚に硬縮がおこります。時間と共にこの硬縮も治まってくるものですが、施術方法により長いものでは3~4ヶ月もかかってしまいますが、ボディジェットでは10日から1ヶ月程度で硬縮が回復します。

上記の「脂肪吸引、費用、ボディジェット、腫れ、むくみ」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★金の糸美容法、免疫細胞、ヒアルロン酸、セルライト。。

:::

金の糸美容法、免疫細胞、ヒアルロン酸、セルライト。。

切らないフェイスリフトのひとつです。最も効果の大きな方法です。金の糸美容法は「ロシアンリフト」と呼ばれることもあります。日本には1999年に導入されました。施術は特殊な針で皮膚の下に直径0.1mm(髪の毛程の細さ)の24金の糸を入れます。、
こんな方法でなぜたるみやしわが改善されるのでしょうか。金の糸が皮下に入ると、からだは金の糸を異物とみなします。そして、異物をたたくために金の糸のまわりにマクロファージ(免疫に関わる細胞)や繊維芽細胞(真皮内にあり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす細胞)が集まります。異物である金の糸に対して、細胞が反応するわけです。
免疫細胞が細胞を修復しようとする作用で、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがどんどん再生されるようになります。施術後、2~3週間目ぐらいで埋め込まれた金の糸のまわりでコラーゲンが再生され、毛細血管の新生が始まります。そして、肌につやと弾力がよみがえります。セルライト(脂肪塊)も減少します。効果は8~15年間継続するといわれます。施術は40分程度で完了し、入院の必要はありません。金は化学的にきわめて安定な金属であり、アレルギーもとても少ないものです。
————————-◇
上記の「金の糸美容法、免疫細胞、ヒアルロン酸、セルライト」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★脂肪吸引、デメリット、高額、技量。。

:::

脂肪吸引、デメリット、高額、技量。。

脂肪吸引の人気の理由として、希望部位の脂肪をピンポイントで吸引し、脂肪細胞そのものを除去してしまうので、リバウンドの可能性が低い点が挙げられます。脂肪吸引で得られる良い効果や情報などメリットばかりが先行していますが、デメリットも当然あります。、
脂肪吸引とは外科的な処置を行いますので、美容整形外科などで医師免許所持者が施術をしなければなりません。脂肪は人間にとってある程度必要なものですので、医学的見地から適正量の除去が求められます。
デメリットその1は、脂肪吸引の施術費用は高額で、病院によって施術方法やフォロー内容などが異なる為に価格差が生じます。デメリットその2は重要です。それは施術を行う医師の技量によって術後結果が異なり事故に繋がる可能性がある点です。人間が生きる上で、脂肪はある程度必要なのです。脂肪吸引で取り除くのは皮下脂肪で、5mm程度残しておかなければ、術後凹凸のある肌になってしまい血管が浮き出たりします。また血管を傷つけてしまう事もあります。一度に広い範囲の施術を行えば、体液や血液を必要以上に体外へ排出し兼ねず、貧血やタンパク欠如によるショック状態にもなり兼ねません。
ごくわずかですが死亡事故を引き起こす危険性もあります。
————————-◇
上記の「脂肪吸引、デメリット、高額、技量」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★フェイスリフト、副作用、ゆがみ、顔面。。

:::

フェイスリフト、副作用、ゆがみ、顔面。。

フェイスリフト手術後の問題点、副作用として一番多いのは血腫(手術した部分に血がたまること)です。さらに血腫の程度がひどかったりすると皮膚の壊死(血行不良で皮膚が黒くなり死ぬこと)というトラブルがあります。、
次に問題なのは、顔面のゆがみ(顔面神経麻痺)や皮膚がぴりぴりする知覚障害があるということです。これはフェイスリフト手術をする上で100%回避することはできず、自然に治癒を待つしかありません。しかし1年ほど経っても改善しない場合は、後遺症になってしまうことが多いです。そのほかのフェイスリフトの副作用には傷跡が目立ったり、皮膚をひっぱりすぎて耳の変形やつり目になってしまうこともあります。
————————-◇
上記の「フェイスリフト、副作用、ゆがみ、顔面」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★顔の脂肪吸引、下ぶくれ、有効、二重顎。。

:::

顔の脂肪吸引、下ぶくれ、有効、二重顎。。

顔の脂肪吸引は、大きい顔や下ぶくれタイプの顔の場合に有効な方法です。、顔が大きく見えてしまう原因のひとつは、ほほやアゴについた脂肪です。特にダイエットしても二重顎がなかなか解消できない人にも人気です。これらの余分な脂肪を吸引することで、フェイスラインがシャープになります。頬についた脂肪は、耳の後ろから脂肪を吸引するので施術の傷跡もほとんどく目立ちません。アゴの脂肪は、アゴの下のシワに沿ってカニューレを挿入し吸引します。手術後、約1週間ほど腫れます。 ただし、失敗すると、老けてやつれた感じに見えてしまうようです。
————————-◇
上記の「顔の脂肪吸引、下ぶくれ、有効、二重顎」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★人工乳腺の挿入方法。。

:::

人工乳腺の挿入方法。。
人工乳腺の挿入位置は主に3箇所あります。、
乳腺下法は、もともと乳腺や脂肪組織がある人の方法で、それらが露骨なバッグ感をカバーしてくれるため、自然なバストアップが可能です。授乳後小さくなった人や下垂気味の人のリフトアップに最適です。
大胸筋下法は、乳腺、脂肪組織が少なく痩せている人に最適な方法です。大胸筋下にバッグを入れる事で筋肉が不自然なバッグ感をカバーしてくれます。大胸筋と小胸筋を剥離する時、境目を正確に見極める事が肝心でそれが術後経過の最終的な仕上がりに大きな差を出します。
筋膜下法は、従来の乳腺下法、大胸筋下法を改良した方法で、バッグが乳腺に触れないため感染症対策にもなり、バッグを包み込んでいる大胸筋前方筋膜が重力により必要以上に下がろうとするのを支える役割も果たすので、乳腺下法に比べ、長期的挿入が安定します。
————————-◇
上記の「人工乳腺の挿入方法」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★チューメセント法の施術手順。。

:::

チューメセント法の施術手順。。
チューメセント法は、脂肪吸引法の一つで、現在行われている脂肪吸引の中でも、特によく行われている脂肪吸引法です。止血作用や麻酔効果、脂肪を柔らかくする効果のある特殊な溶液を注入したあと、脂肪を吸引します。、
溶液には、止血作用や麻酔を強める効果のあるエピネフリン、局所麻酔効果のあるリドカインなどを、生理食塩水で薄めたものを使用します。吸引する脂肪の量の1~3倍程度を注入するため、注入後は脂肪が膨らみます。
溶液に止血効果のある薬剤を使用しているため、それまでの脂肪吸引で必要だった輸血の必要がなくなりました。現在では、このチューメセント法をベースにして、浅層脂肪吸引や超音波脂肪吸引なども利用されるようになっています。
————————-◇
上記のチューメセント法の施術手順「」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★目の下のくまやたるみを下眼瞼脱脂で改善。。

:::

目の下のくまやたるみを下眼瞼脱脂で改善。。
下眼瞼脱脂とは、加齢による下まぶたのたるみやふくらみ、目の下のくまなどを解消する美容整形手術です。目の周囲は筋肉の動きが激しく、たるみなどの老化現象が進行しやすい部分。特に目の下のたるみは目立ちやすく、疲れや老けなどの印象を顔全体に与えます。、
下眼瞼脱脂によって、眼窩脂肪を除去すると下まぶたのふくらみを小さくすることができ、たるみ、くまの解消につながります。まぶたの表側から行う手術と、まぶたの裏側(結膜側)から行う手術があり、結膜側から行う手術は、経結膜脱脂術とも呼ばれます。経結膜脱脂術の場合、切開の傷跡がまぶたの裏側にあるため、ほとんど目立つことはありません。
また、メスを使わずレーザーによって眼窩脂肪を除去する下眼瞼脱脂術が可能なクリニックもあります。
————————-◇
上記の「目の下のくまやたるみを下眼瞼脱脂で改善」は「読者の寄稿記事」です。

、、

7★出っ歯は症状に応じて上顎分節骨切りも考慮に。。

:::

出っ歯は症状に応じて上顎分節骨切りも考慮に。。
健康面で生じる出っ歯の問題は多い。かみ合わせが悪い、咀嚼機能がうまく働かない、歯周病や虫歯になりやすい、前歯を折りやすいなど健康面で生じる問題はたくさんあります。しかし、一番の問題はなんといっても外見上のものです。出っ歯は歯や口だけの問題ではなく、いわゆる出っ歯顔といって、顔だちも決めてしまいます。現実問題として出っ歯に魅力を感じる人はあまりいません。、
出っ歯の治療にはさまざまな方法があって一般的には矯正歯科で行われるものだが、外見上で悩んでいる人は美容整形外科で治療を求めることもよくある。美容整形外科の方がより短期間で出っ歯の治療が行えるからである。美容整形での出っ歯治療ではおもに骨切り手術が行われます。出っ歯の原因はたいていは歯だけでなく、上あごが前方に突出してしまっているために起きていることがあります。そこで、上顎分節骨切りと呼ばれる手術が行われます。これは上顎骨を歯がついたまま骨切りして後方に移動させるやりかたです。いわば歯ぐきをスライドさせる治療のことです。この方法なら歯科矯正と違って即効性で効果が現れます。
————————-◇
上記の「出っ歯は症状に応じて上顎分節骨切りも考慮に」は「読者の寄稿記事」です。

、、