6★アゴ、ケツアゴ、クリニック、手術。。

:::

アゴ、ケツアゴ、クリニック、手術。。

アゴの手術を考えています。昔から気になっていたのですが私のアゴは筋が入って割れていて、世間ではケツアゴと言われているものだと思います。、
まだ1度も美容外科に相談にいったことはありません。手術を受けるとなると東京へ行かなければならないのでしょうか。現在北海道に住んでいるため楽ではないですが、失敗しないことを考えると東京へ行くことも苦ではありません。
ケツアゴを治す技術をもっているクリニックご紹介いただけると嬉しいです。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★アゴ、エラ、歪み、小顔。。

:::

アゴ、エラ、歪み、小顔。。

ちょっとでも小顔に近づきたいのでアゴとエラを削ってスッキリしたいです。その手術と同時に若干左にずれているアゴも本来の位置に直してもらえますか。、
幼少時代に自宅の階段から転げ落ちた際に顔面を強打して以来、骨格がずれたまま固定されてしまったようです。写真で見ると自分の顔が歪んでいるのがわかります。削る時に左右のバランスを考えながら歪みもなくしてもらいたいのです。
金額が高くなるのは構わないので技術の高い美容外科医にお任せしたいです。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★シリコンバッグ、抜去、異物、健康第一。。

:::

シリコンバッグ、抜去、異物、健康第一。。

最低最悪なことにシリコンバッグを切り裂かれてしまったとしても、体内からすべて綺麗にシリコンバッグが取り除かれていればまだ良いのです。、
しかし、バラバラに破いてしまったものを体内から1つ残らず取り出すというのは、不可能でしょう。なんでこの医者は、こんな難しいことをしてしまったのか全く理解できませんが、その方法でしか取り出せないと思っていたのでしょう。多分今でも同じやり方で抜去してると思います。
この方法で抜去されてしまった患者さんですが、やはりシリコンバッグの破片が残ってしまいました。それもほんの少し、とかではなく、三分の一くらい残ってしまっているのです。
シリコンバッグは確かに安全なものですが、それはあくまで中身が飛び出していない状態の時に限り言えることです。なので、そうなってしまっては再度手術を受けてシリコンバッグを取り出さなければいけません。しかし、この再手術を受けると高い確率で術後の胸は醜い姿になってしまいます。
でも、人間健康第一。それに勝ることは無いと思います。
出来る限り早い処置を施した方が良いです。もし放置しておけば、身体はこのシリコンバッグの破片を異物とみなして、体内から出そうとします。体内からでてくるときは、もちろん皮膚を突き抜けてでてきます。そうなってからでは遅いです。それこそ収拾のがつかないことになってしまいます。
シリコンバッグの抜去手術なんて簡単でしょ。元の状態に戻すだけじゃない、
なんて考えでテキトーな美容外科医のもとで手術を受けるととんでもないことになります。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★日本人、口元、出ている、鼻、低い。。

:::

日本人、口元、出ている、鼻、低い。。

横顔の鼻先とアゴの先を結んだEラインと呼ばれるもの。、
このEラインより唇が内側にあると理想的な横顔美人らしい。芸能人も意識して見てみると綺麗な人はみんなEラインより内側に唇がおさまっている。日本人はアゴがあまり発達していないため、アゴが小さく、そのため歯がおさまりきらず出っ歯になってしまう。出っ歯ということはもちろんEラインに唇がおさまるわけがない。あごも後退気味だが、日本人は欧米人に比べて鼻も低い。単純に考えれば鼻とアゴにプロテーゼを入れれば、Eラインより唇が内側におさまるが歯が影響して口元が前に出ている場合もあるため、この場合は歯並びを整える歯列矯正が必要になる。しかし、もっと深刻な骨格的な問題の場合は骨を動かす大きな手術が必要。これは大がかりな手術のため時間も費用もかかるが、その分美しい口元になる。もちろんリスクは大きい。

————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★脂肪吸引、死亡事故、病院。。

:::

脂肪吸引、死亡事故、病院。。

脂肪吸引は簡単に痩せられるダイエットの手段の一つといった安易な考えの人がいまだに大勢いるように感じる。しかし、死亡事故も起こってしまっているように実際は大変な手術であることは間違いない。、
全身麻酔を伴い、入院を要するものであるという認識を全ての人が持たなければならないのである。だが、現状はまだまだ入院するのは面倒、料金は安いに越したことはないという考えでで病院を選ぶ人がほとんどである。
このように考える人が多いということは、いい加減な病院を増加させることになり、事故が起きる確率も高くなるのではないか。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★アゴ、プロテーゼ、小顔、入れ替え、石灰化。。

:::

アゴ、プロテーゼ、小顔、入れ替え、石灰化。。

アゴが人より小さい、全く無い、などといった悩みを持つ方は、アゴにプロテーゼを入れて直そうというのが、だいたいの考えだと思います。、
ただアゴにプロテを入れれば、プロテの分だけ顔が大きくなってしまいますよね。女性でしたら小顔に憧れますし、小さなアゴを直すことによって顔が大きくなるというのも残念な話。
そんな時は、少し複雑な手術にはなりますがアゴの骨を切って前に出すという手術もあります。この場合、異物を挿入するわけではないのでその点では安心です。将来入れ替えや石灰化などの心配をする必要はないです。
ただ、どのような手術を施すことが、患者にとって適切であるかを判断するのは、医師にまかせるしかありませんので、信頼できる医師からしっかりと説明を受けて下さい。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★乳がん検診、豊胸手術、診察、注意。。

:::

乳がん検診、豊胸手術、診察、注意。。

最近は乳がん検診を促す広告や宣伝が非常に多いです。実際に乳がんになった芸能人の方などが検診を促しているニュースなども見かけたり、乳がんに対しての警戒や認識が高まっていると思います。、
早期発見、早期治療といった感じで、自分のためにも気をつけなければいけないですね。しかし、豊胸手術をしている方は診察の際少し注意が必要です。乳がん検診を依頼した医師に豊胸手術、プロテーゼの知識がないと、誤診を招く可能性もあります。検診の際、整形を受けたことを医師や看護師に言うのが嫌だという方もいますが、事前に言っておいた方が自分のためです。それから、1度調べたらそれっきりではなく、定期的に検診を受けるようにした方が良いですね。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★頬骨、出っ張り、耳の前の部分、切開。。

:::

頬骨、出っ張り、耳の前の部分、切開。。

頬骨が出ているのが気になる場合、頬骨の出っ張り具合にも寄りますが、少し出てるくらいならば口内から頬骨の出ている部分を削って治す、というのが主な方法ではないかと思います。、
ただ頬骨の出っ張りが大きく、削るだけでは足らない場合はエラやアゴの骨切りと同様、頬骨も削るのではなく切り取る必要があります。この場合、口内からの手術だけではなく耳の前の部分も切開して骨を切り取ることになるので、骨を削る場合よりは手術の内容も大がかりなものになります。
もちろん、術後の腫れも覚悟しておかなければいけません。私は体験していないので実体験としてはお話しできませんが、想像するに術後数日は非常に強い痛みが伴うのではないのかと想像しています。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★シリコンバッグ、拘縮、抜去、豊胸手術。。

:::

シリコンバッグ、拘縮、抜去、豊胸手術。。

拘縮してしまうのは、本当にどうしようもないことで、完全にシリコンバッグが拘縮してしまうと、さすがに痛みがでてきます。、
ガチガチになってしまう前に抜去してしまうに越したことないですが、せっかく手術をしたのに、抜去するなんて、と思ってしまいますよね。
豊胸手術で痛い思いをして、抜去手術で痛い思いをして、考えただけで気が重いし、不安になってしまいます。でも実際ガチガチになってしまうとそんな事思ってもいられないでしょうけど。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、

6★技術の確かな医師、慎重に、満足のいく結果。。

:::

技術の確かな医師、慎重に、満足のいく結果。。

最初の手術から技術の確かな医師を選ぶことが肝心です。、
すぐにそのような医師にたどり着けるかは多少、運も関わってくるとは思いますが時間をかけてでも慎重に病院選びをすることがとっても大事です。初めての手術であれば何も手を加えていない真っさらな状態のため手術しやすいようです。その状態で技術の確かな医師に手術していただければ満足のいく結果になるのだと思いますが、反対に修正で何度も手を加えられてしまった状態では手術の難しさが格段に上がってしまい仕上がりも新規の手術に比べると良くないそうです。また、色々と手術されすぎてこれ以上は手を加えることは困難なケースもあるようです。
このようにならないために初めの手術が肝心なのです。しかしプチ整形であれば、どこで受けても変わらないと思っている方があまりにも多いように感じます。万が一失敗、失敗までいかなくても気に入らないので修正したいとなると間違いなく新規の手術より難易度が上がってしまうことをよく覚えておいてほしいです。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

、、