5★フェイスリフト アラサー女子のリフトアップ。。

:::

「アラサーでリフトアップは早いかな?リフトアップっていうともう少し年齢がいった人のイメージがあるけど切実な悩み。適齢期があるなら知りたいし、まだ受けるには早いというなら代用の治療法を知りたい。」
アップ具体的な内容こそ人それぞれですがフェイスリフトに関する相談も高額手術の中にあっては多い部類に入ります。、
人間にとっていつまでも若くありたいというのは永遠のテーマであり、フェイスリフトはその願望を叶えてくれる代表的な手術であることは間違いありません。願
しかし、フェイスリフトの手術には誰しもが大なり小なり迷いを持つ特徴があります。
そのような時にはとりあえずフェイスリフトに長けている名医のカウンセリングを受けてみて、施術するか否かはそれから決めるくらいの精神的、時間的な余裕をもちましょう。医者
もしフェイスリフトに長けている名医なんて皆目検討がつかないというのであれば管理人にメールでご相談ください。
なお、すでにカウセを受けていたり、候補に挙げているクリニックなりドクターがいましたらその事もメールに書いて下さい。僭越ながら管理人が辛口によるアドバイスをさせていただきます。辛っ!!!
管理人は読者にクドイと嫌われることを承知で、このフェイスリフトに関する記事を何回もアップしてきましたが(今後もそのつもり)、それには下記のような理由があります。
フェイスリフトは名医に託しさえすれば何の問題もない安全な手術です。mf*
が、名医とヤブ医者とでは、その技術の差を野球に例えるならば、プロ野球選手と高校球児くらいの隔たりがある手術と言っても過言ではありません。危
その失敗例としては、酷い大きな傷跡が残るのは言うに及ばず、中には耳が5㎝も長く下に伸びてしまったり、もみ上げ部分の毛が耳穴から生えてくるくるというような、普通では考えもつかない変わった後遺症に遭う患者が多い傾向にあります。目
また、「切らないフェイスリフト」などともっともらしい謳い文句を掲げる悪徳医院には呉々もご注意ください。
返しのついた糸を皮下に挿入することによって皮膚を引き上げていくという理屈ですが、皮膚を切らずにリフトアップが出来
るなんてことは絶対に不可能であり、後遺症として皮下に糸の残骸が残るだけのことです。
金の糸についても同様です。「活発な新陳代謝が繰り返され肌が若返る…」なんて謳い文句で患者をだましていますが、その治療効果については何の医学的な根拠もありません。むしろ金に含まれる不純物が引き起こす後遺症に悩まされている多数の被害者がいるのが実情です。
そんなことから、フェイスリフトは仮に手術料が高額であったり、クリニックの所在地が飛行機で行かなくてはならない遠方であったとしても名医中の名医に託すのが絶対条件です。
ただし手術料が高額だからといって必ずしも優良院、名医とは限りません。その殆どが悪徳医院、ヤブ医者ですので呉々もご注意ください。注意
ちなみに将来、管理人がフェイスリフトの手術を受けると仮定したならば、客観的に考え技量、ハートの両面において全幅の信頼のもと託せる医師となると全国にたったの3人しかいません。
以上、フェイスリフトは自分の人生を赤の他人である一医師に託すと言っても過言ではありません。お願い
まかり間違っても悪徳医院、ヤブ医者に施術を託すことのないよう慎重の上にも慎重をきしてください。
最後に、ネット上の口コミ情報やクリニックのHPを信じるのは美容整形の失敗に遭う第一歩です。
口コミ情報やHPを信じるなんて百害あって一利なし。これほど愚かなことはありません。

、、

5★読者の寄稿記事について。。

:::

「読者の投稿記事」 とは。。
読者参加型のコンテンツです。読者の皆様に寄稿してもらうことにより、更に幅広い意見、情報などを当ブログに取り込んでいきたいと思います。ご協力のほどよろしくお願いいたします。、
なお、そんなことから寄稿者と管理人の意見が食い違うこともあるかもしれませんが、どちらの意見を参考にするかは読者の判断に委ねます。
.
寄稿文のスタイル・・・
質問、質問寄稿文への回答、意見、作文、つぶやき、体験記、論文など文章スタイルは一切問いません。
.
寄稿方法・・・
この記事内にある「メール相談」フォームをクリックし、その相談フォームの一番下にある「自由コメント」欄に記入され送信してください。
.
掲載規定・・・
原則的にタイトル、本文とも寄稿されてきた原文のままアップさせていただきます。ただし、固有名詞、その他諸事情から一部に修正、加筆を施す場合もありますことをご了承ください。また諸事情からアップできないケースもありますことをご了承ください。
.
著作権法を厳守ください・・・
管理人はこの「読者の寄稿記事」を投稿者を信用し性善説のもとアップしています。寄稿者におかれましてはネット上、その他に載っている文章の転載は断じておやめください。なお、勝手ながら管理人におきましては寄稿記事を当ブログへ重複掲載できる権利、および管理人が開設している他のブログへ重複掲載できる権利を有しますのでご了承ください。
.
転載記事を見つけたらお知らせください・・・
ネットサーファーの中にはいわゆる投稿マニアといわれる方々も多くおります。そして、決してその投稿マニアの方の投稿に限ったことではありませんが、万が一、著作権侵害にあたるような転載記事が目にとまりましたら、下記の要領にて管理人までお知らせいただくと助かります。お知らせいただいた記事については調査をした上で、事実であった場合には直ちに削除いたします。

お知らせいただく方法は、この記事内にある「メール相談」フォームをクリックし、その相談フォームの一番下にある「自由コメント」欄に記入され送信してください。

転載記事と思わしき当ブログに載っている記事の「URL」「タイトル」「掲載日時」を必ず記入してください。

転載元の文章を管理人が確認できるよう、転載元の「URL」「タイトル」「掲載日時」「掲載番号」等々を必ず記入してください。ようするに、管理人において確実に事実確認ができるようご配慮をお願いいたします。

もし管理人が転載元の文章を確認できない場合、ご指摘いただきました記事の削除はいたしかねますことをご了承ください。なぜなら、転載記事と確認できない記事を管理人が一方的に削除すれば、それはそれで寄稿者との間に問題が生じかねないからからです。
.
掲載内容には責任を負いかねます・・・
この「読者の寄稿記事」への寄稿者の中には医師や医療関係者もけっこういるようです。ですが寄稿者の大半が医療関係者ではありませんのでご注意ください。医学的に異端な意見や、医学的根拠のない内容であったとしても、管理人がその責任を負うことはいたしかねます。また、それらの記事を参考にしたことが発端で読者に何らかの不利益が生じた場合も然りです。

、、

5★手術前の不安な時期。。

:::

土曜日に小鼻縮小のカウンセリングと一緒に手術予定です。、
決心はついてますが不安が大きくなってきました。いまさらだけど、ネットで情報を集めて手術に備えようと思います。絶対に失敗したくないので、どうすれば失敗しないかの方法を教えて下さい。カウンセリングで先生に上手く希望を伝えられるようにするには写真を持って行って見せるほかに方法がありますか。

、、

5★安全と成功するために。。

:::

私は医療関係の仕事をしているので、今回手術を考えた時に出来るだけ病院を回ろうとしました。そこで驚いたのが輪郭の骨を扱う大きな手術にも関わらず入院ではなく日帰りで手術できると言った病院が多かったこと。またレントゲンを撮らずにカウンセリングをして手術を勧めてくる医師もいました。、
私自身が医療のことを何も知らない状態であれば、おそらく疑問も持たずに手術を受けてしまったかもしれません。手術なんだという意識を皆さんに持ってほしいと思います。

、、

5★ヒアルロン酸でふっくら唇。。

:::

私の唇はぼんやりとしていて存在感がありませんでした。、
思い切ってヒアルロン酸注入をしたところ、ふっくらして縦じわがなくなったのでとても気に入り満足してます。今では口紅を塗るのが楽しくなりました。でも効果が一生じゃないところが少し残念に感じます。この唇を維持するのにはこの先ずっとヒアルロン酸を注入し続けないといけないし。となると経済的には辛いものがあります。ヒアルロン酸に代わる長期的に効果がある方法があれば教えていただきたいと思います。

、、

5★年齢による変化。。

:::

20歳の時にバッカルファット除去をしました。それが年齢を重ねるごとに頬の辺りがこけてきて、凹みもあります。、
周囲にもこのことを指摘されて自分の顔が不自然なんだと思うようになりました。私は綺麗になりたいとか若返りたいのではなく、自然な顔立ちになりたいだけなんです。
頬の脂肪注入の技術が確かな名医を是非とも教えていただけないでしょうか。どんなに遠方でも構いません。

、、

5★移植した軟骨の癒着。。

:::

鼻に軟骨を移植する手術を受けました。、
失敗とは言えないのですが仕上がりに納得できず修正を考えています。次もまた納得できない仕上がりになってしまったらと思うと再手術は慎重になってしまいます。しかし、軟骨を移植した場合は周囲との癒着が起こる前に取り除かないと難しいと聞きました。
手術後どれくらいで軟骨は癒着を起こすのでしょうか。すぐに軟骨だけでも取り出す手術を受けた方がいいのでしょうか。気持ちだけが焦ってしまいます。

、、

5★深刻な輪郭の悩み。。

:::

17歳の娘をもつ母親です。娘は顔がでかいと思い悩み学校にもほとんど通えなくなってきたため心配になり心療内科にかかりました。しかし、本人が顔の悩みから解放されることはなく外出も出来ないと引きこもる毎日です。このままではいけないと思い、主人ともよく相談した上で最後の手段として整形手術を承諾しました。、
骨切りの手術は最も危険で技術を要すること、高額であるということで慎重に病院を探しています。未成年ですので、私も一緒にカウンセリングに付き添いしっかりと先生の説明を受けたいと思っています。娘がこのような状態ですので、よく相談に乗っていただける安心なところを紹介していただけないでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。

、、