2★埋没法だったら元に戻せるの?②。。

:::

→続きです。、
瞼の皮膚や脂肪が薄い人で、
二重のラインが定着しやすいタイプの人だと
埋没の糸をとっても元の目に戻らない・・ということもありえますがいちご

基本的には埋没している糸を抜糸すれば元に戻りますが、
糸の止め方などは医師により違いがあります。
下手くそで適当な糸の止め方だと、抜糸がうまくいかないこともあるので、
簡単な手術ですがしっかり医師を選んでください注意

、、

2★埋没法だったら元に戻せるの?①。。

:::

埋没法を受けたら、元の目に戻すことはできないですかはてな
これから埋没法を受ける予定の方から上記の質問を受けました。、
元に戻す予定で埋没法受けるの・なんて疑問はさておき、

埋没法なんて元の目に戻したくなくても戻ってしまうケースの方が多いので、

元に戻せなくなる心配はあまりないです・
→続きます

、、

2★HPの情報はアテにならない?②。。

:::

→続きです。、
ただHPは、見る人が確実に「ここに行ってみたい」と思うように
その道のプロが作ってますので
全く当てになりません♥akn♥

本来なら小汚い美容外科も、なぜか美しく写真に写されていたりします。
美しい美容外科を思い描いてカウンセリングに行ったら、隅々までホコリだらけだったり・・・・汗まーく
なんてことも普通にありえます。
言うまでもないことですが、掃除さえも行き届いてない美容外科はパスするに越したことありません。
「気になったけど、手術受けちゃいました」という方で
手術後に後悔したとの声を聞くこともあるのでえへへ…
少しでも気になったなら考え直しましょうね。

、、

2★HPの情報はアテにならない?①。。

:::

カウンセリングを受けに行く美容外科を決める際に、
HPや雑誌の広告を見て決める人が多いと思います。、

美容整形外科となると、知人から紹介される・・・ということは少ないと思いますしカオ+汗

眼科や歯医者なら「あそこの先生よかったよ~」と言えますが、

「あそこの美容外科医よかったよ」なんて普通の人は言えないですよね笑

なので多くの方がHPなどを見て決めていることと思います。
→続きます

、、

2★医師の態度もチェックポイント②。。

:::

→①からの続きです。、
医師側からしてみればクレームはいい気がしませんが、
患者側からしていれば大問題ですsss
「先生、効果が無いどころか更に酷い結果じゃないですかビックリマーク
とクリニックを訪れたところ、あの優しかった先生はどこへやら、
上から目線で暴言をまき散らす先生が~叫びなんてことが結構あるらしいです。
こっちとしては失敗された事でかなりの精神的ダメージがあるのに、
そんな恐い態度で対応されては、更に心の負担が増しますよね涙くん
そういうところは大抵、非を認めませんし‥
そんな事がないように、人柄をしっかりと見極めたいですね!

、、

2★医師の態度もチェックポイント①。。

:::

自分が手術をお願いする先生はどんな人柄がいいですか。、
優しく患者への気遣いができるお医者さんがいいですよねuou
患者に冷酷な態度をとる医師は、いくら高度な技術をもっていても
心から手術を託したい気持ちになりますかはてな
そんな『人柄を見極める』為にも、カウンセリングはとても大切はなまる
で・す・が~「カウンセリングの時はいい感じだったのに‥↓↓」と
カウンセリング時とその後で態度が豹変するお医者さんが意外にも多いガクリ
中でも、失敗の時のクレーム時にガラリと‥!?
→②へ続きます。

、、

2★シリコンバッグの取り出し方④。。

:::

→続きです。、
シリコンバッグの抜去手術なんて簡単でしょはてな
元の状態に戻すだけじゃないピュ-

なんて考えでテキトーな美容外科医のもとで手術を受けるととんでもないことになります。

見た目だけの問題ではなく健康の面でも被害を及ぼすことになってしまいますので、

美容整形に軽い考えは禁物なんです標識:!

、、

2★シリコンバッグの取り出し方③。。

:::

→続きです。、
この方法で抜去されてしまった患者さんですが、やはりシリコンバッグの破片が残ってしまいました。
それもほんの少し・・・とかではなく、三分の一くらい残ってしまっているのです・

シリコンバッグは確かに安全なものですが、
それはあくまで中身が飛び出していない状態の時に限って言えることです。
なので、そうなってしまっては再度手術を受けてシリコンバッグを取り出さなければいけません。
しかし、この再手術を受けると高い確率で術後の胸は醜い姿になってしまいます。
でも人間健康第一びっくりまーく
それに勝ることは無いと思います
出来る限り早い処置を施した方が良いです。
もし放置しておけば、身体はこのシリコンバッグの破片を異物とみなして、体内から出そうとします。

体内からでてくるときは、もちろん皮膚を突き抜けてでてきます。

そうなってからでは遅いです。
それこそ収拾のがつかないことになってしまいます・・・・nene
→続きます。

、、

2★シリコンバッグの取り出し方②。。

:::

続きです。、

最低最悪なことにシリコンバッグを切り裂かれてしまったとしても、

体内からすべて綺麗にシリコンバッグが取り除かれていればまだ良いのです。

しかし、バラバラに破いてしまったものを体内から1つ残らず取り出すというのは、不可能でしょう。

なんでこの医者は、こんな難しいことをしてしまったのか全く理解できませんが、

その方法でしか取り出せないと思っていたのでしょう。
多分今でも同じやり方で抜去してると思います・
→続きます。

、、

2★シリコンバッグの取り出し方①。。

:::

今はシリコンバッグは安全で丈夫なものとされ、その丈夫さと言えば

車でひかれても潰れない、破けないほど丈夫だと言われています。、

もし破けるとすれば鋭い刃物で切りつけたりした時くらい?

しかしそんなことは、普通に生活してればありえないですし、
もしシリコンバッグを取り出したい
となった場合でも、
取り出す際にバッグをメスで切り裂くなどありえないことです。。。はさみ

・・・・・本来ならばむ

シリコンの抜去を依頼した患者さんで、抜去の際にシリコンをズタズタに切り裂かれてしまい、

出てきたシリコンは破片となっていた・・・という話を伺ったことがあります。

患者さんは、そのような取り出し方が当たり前・・・だと思ったらしいのですびっくりビックリ
特に知識がなければ医師のやったことを疑ったりしませんからね・

でも、このようなシリコンバッグの取り出し方はありえません注意

基本的には入れた時と同じ形で取り出してもらえるはずです。
→続きます

、、